雷神とリーマン
あらすじ・作品紹介
四季折々を大村と共に過ごす雷遊は、人間を知り、人間として生きる術を学んできた。 大村に人としての名前を与えられた特別な年、新たな生活を歩む雷神の願いは変わらず “ただオオムラと共に有ること"。孤独を知る二人が手探りで見つけた居場所は温かく、 未来への希望に満ち満ちていた。


ネットの反応