文学処女
あらすじ・作品紹介
小説家・加賀屋の書きかけの原稿用紙に燻り続ける、亡き婚約者への悔悟の念。 彼を愛することは、苦しめることなのか…? 夜空に大輪の花火が咲き誇る中、鹿子はひとつの決断を下す——。 一方、同僚の望月との関係には思いがけぬ進展が…!? 描き下ろし短編「本と恋と断捨離と」「ずれてるジェラシー」2編収録。


ネットの反応