河畔の街のセリーヌ
作品紹介
19世紀フランス――パリ。『月から来たような』少女・セリーヌは、自分が何をしたいのかもわからない14歳。“先生”の教えだけを頼りに上京したパリで、偶然出会った老紳士から"職業を体験する職業"を勧められ……?19世紀パリ風俗を美しく描写する少女職業探訪記、ここに開演――。



ネットの反応




















[新品]河畔の街のセリーヌ (1巻 最新刊)
価格:693円(税込、送料別) (2022/10/5時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]