ビジャの女王
作品紹介
西暦1258年、ペルシャ高原の小都市【ビジャ】を、蒙古軍の支隊が包囲した。世界の半分を制圧した最強騎兵は総数2万、対するビジャの人口はわずか5千人である。【ラジン】率いる蒙古軍に陥落目前のビジャだったが、ハマダン王の子【オッド姫】の救援要請に駆けつけた【インド墨家・ブブ】の策で何とか急場を凌ぐ。しかし、歴史の大きなうねりは小都市国家の希望など意に介さず砂嵐の如く荒れ狂うのだった……。城壁を隔てて渦巻く権謀と戦乱、激動の中世大陸ロマン、第2巻!



前巻



ネットの反応

FSm6DSMacAAiTOp
FSm6DSLaQAEQYKu














ビジャの女王(2巻) (SPコミックス) [ 森 秀樹 ]
価格:730円(税込、送料無料) (2022/8/8時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】ビジャの女王 1/森秀樹
価格:730円(税込、送料無料) (2022/8/8時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]