国境のエミーリャ
作品紹介
時は1963年。“鉄のカーテン”直下の東京は、そびえる壁により東西に分断された街。そんな東京の東側、ソ連統治下の東トウキョウで夢や愛する人との暮らしを断たれてしまった人々のために“脱出請負人”として生きる人がいた。杉浦エミーリャ。信念を持った女性。彼女は、たとえ相手が誰であろうとも人が人らしく幸せに生きられる道があるのなら、手を差し伸べようとする。エミーリャを追う立場である民警警部・ウラゾフ。難病に冒された彼の妻を救うため、エミーリャは敵ともいうべき存在であるウラゾフにも手を差し伸べようとした。だが、その判断は彼女の身に真の危機をもたらしてしまう



前巻



ネットの反応




FXyJvmMVQAAmsPk
FXyJvmJVEAMwtj1
























漫画アプリ



全巻まとめ買い



業界最安級!クラウドポケット型Wi-Fi【ギガWi-Fi】