るなしい
作品紹介
火神の子として生きる高校生、るな。 かつて火神の子であり、鍼灸院を経営する祖母、「おばば」と一緒に暮らしている。 鍼灸院では火神の子であるるなの血が入ったモグサを使い、「自己実現」を売っている。いわゆる信者ビジネスである。 るなは「宗教の人」としてクラスでいじめられるが、唯一の理解者であるスバルとは良い友人関係を築いている。 ある日、るながいじめられているところをクラスの人気者、ケンショーが助けてくれる。 その出来事をきっかけにふたりは距離を縮め、るなはケンショーに恋をしてしまう。 だが、神の子であるるなに恋は許されない。 るなは、ケンショーを「ビジネス」に取り込むことを決意する。 思わせぶりな態度をとってきたケンショーへの復讐である。



前巻



ネットの反応












るなしい
るなしい




FRF70V7acAAhW1v
FRF70ZtaMAAX6xo






FQ53OZCVgAA7Vy2