クジマ歌えば家ほろろ
作品紹介
和山やま先生お勧めの鳥(?)コメディー!
中学1年生の秋、鴻田新は鳥っぽい姿の謎の生物・クジマと出会いました。腹ペコで家についてきたクジマはそのまま、浪人生の兄のせいでピリついた空気の流れる鴻田家に居候する事になったのです。冬を越え、暖かい春が来るまで。



ネットの反応






FSNnxNfVsAAoiO9
FSNnxMFVkAEX0j0