ヴラド・ドラクラ
作品紹介
捨て身の焦土作戦を展開し、オスマン軍を弱体化することに成功したヴラド。しかし、圧倒的戦力差を前に、徐々にワラキアは追い詰められていく。そしてヴラドは、最後の奇襲をかけることを決意する。自らオスマン兵に扮装し、単身オスマン陣に潜入。ヴラドは無謀とも言える作戦を成功させて、瀕死のワラキアを勝利に導けるのか。“トゥルゴヴィシュテの夜襲”として歴史に残る奇襲作戦を描く第五巻。 ヴラドとメフメト、両雄の意地と策略がぶつかり合う圧巻の戦闘シーンは必見!



ネットの反応













FEP8jwIaQAAzw94