大蛇に嫁いだ娘
作品紹介
「傷モノの娘だ。ちょうどよい」そう言われ、山の主である大蛇のもとに供物として嫁いだ少女ミヨ。喰われるのではないかと怯えるミヨだったが、大蛇は夫婦になれたことを喜んでいる様子。しかし、大蛇の愛情表現は人間のそれとは大きく異なり― 異種異種族ゆえのすれ違いを耽美な筆致で描く、ピュアな異類婚姻譚。



ネットの反応




大蛇に嫁いだ娘